北本みほ
画家/現代アーティスト
北海道出身/東京都在住
多摩美術大学大学院絵画専攻油画領域修士課程修了
多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業
2013〜 東京藝術大学特進コース油画特別講師(北海道造形美術学院)

北本みほは歴史的な出来事、個人や社会のアイデンティティ、自然、信仰、天才、文字、結婚をテーマに独自の哲学のもと制作をしている。主に絵画表現を中心としながら他に写真・映像も行う。19世紀の絵画、マルセル・デュシャンに大きく影響受け研究を続けている。
近年は美大生時代からあたためてきた題材である「不遇の天才」とマルセル・デュシャンのもう一つの顔である「ローズ・セラヴィ」をモチーフに制作をしている。
主な個展2020年「ゴッホの想念」銀座 東京、2018-2019年「天磐座」札幌市資料館 北海道、「MOTHER」銀座 東京、主なグループ展に、2019年「アクリルガッシュ・ビエンナーレ2018」ターナーギャラリー東京、2017年「アートフェア札幌」クロスホテル札幌 北海道、埼玉県立近代美術館、京都文化博物館 京都、など。内田英治監督・映画「地球でたったふたり」など。


Miho KITAMOTO
Painter / Contemporary artist
Born in Hokkaido / Lives and works in Tokyo

M.F.A. in Oil Painting, Tama Art University, Tokyo, Japan
B.A. in Oil Painting, Tama Art University, Tokyo, Japan
2013- Special lecturer in oil painting at Tokyo University of the Arts, Special Course (Hokkaido Institute of Art and Design)

Miho KITAMOTO works on the themes of historical events, personal and social identity, nature, faith, genius, letters and marriage, based on her own philosophy. She has been heavily influenced by 19th-century painting and Marcel Duchamp, whom she continues to study.
In recent years, she has been working on the motif of 'The Unlucky Genius' and 'Rose Selavy', another face of Marcel Duchamp, which she has been studying since she was an art student.
Major solo exhibitions 2020 'Van Gogh's Thoughts' Ginza Tokyo, 2018-2019 'Tenbanza' Sapporo City Museum Hokkaido, 'MOTHER' Ginza Tokyo, major group exhibitions include 2019 'Acrylic Gouache Biennale 2018' Turner Gallery Tokyo, 2017 'Art Fair Sapporo' Cross Hotel Sapporo Hokkaido, The Museum of Modern Art, Saitama, The Museum of Kyoto, Kyoto, etc. Eiji Uchida, film 'Only Two on Earth', etc.
​​​​​​​
https://www.instagram.com/mihokitamoto0717/
Back to Top