北本みほ展 #Whynot?」/ポーラ美術館 バス停前/2022年9月17日 AM
Miho Kitamoto Exhibition "#Whynot?"/Guerrilla Art Exhibition at the Pola Museum of Art bus stop./September 17 in 2022

#Whynot #GuerrillaArt #ゲリラ・アート #フェミニズム #ドラ・マール #ピカソ #泣く女 #箱根
#ピカソ青の時代を超えて

SNSを現代の公共の場と捉え、制作のプロセスをTwitter上でリアルタイムで発表した。

以下テキスト:日本語、English

戦わずに解決すること。まずはそれを目指す。

まず最初に
わたしは男性嫌いではありません。
男性も女性も多様な性を持つ人も好きです。
その上で私の芸術について少し語る時間をください。

ピカソとその愛人といわれるドラ・マールの出会いは1936年1月の第一次世界大戦と第二次世界大戦の間であった。
ピカソと出会う前まではドラ・マールはとても知的でシュルレアリスムのマン・レイの助手ををしていたこともある才能ある写真家であった。
この有名な作品「泣く女」は戦争の悲劇を表現したゲルニカの制作後に描かれた有名な絵画だ。
私はこの絵画に想像上のドラ・マールの言葉(「Why not?」)を付け加えたくなった。

ピカソに対するフェミニズム的抗議は、
2018年にパフォーマンスアーティストのエマ・サルコヴィッチがニューヨーク近代美術館にあるピカソの絵画《Les Demoiselles d'Avignon》の前でデモを行い、
同年末にはアーティストであり活動家でもあるミシェル・ハートニーがメトロポリタン美術館でピカソの絵画の横に、ピカソの発言とされる言葉が書かれたキャプションをつけた。
2021年に美術教授のマリア・ロピスと学生たちがスペインで行われたピカソへの言葉によるサイレントデモを行った。
2022年北本みほはポーラ美術館のポスターの前に「#Why not?」と文字が書かれた「泣く女」の模写の絵画で上書きをしたゲリラ・アートを行った。
私の作品はこれらのアーティスト達の流れを組むものである。
ただし、彼女たちとは解決法は異なるかもしれない。
なぜなら、わたしは「ソーシャル・プラクティス」ではなく「ソーシャリー・エンゲイジド・アート」をしているからだ。
今回私は絵画史の流れを組むということを強調している。ピカソ自身は絵画と現代アート(スキャンダル)の両方の活動を行っていた。
絵画史は言葉の通り絵を描くことに主軸が置かれるが現代アートは言葉が最も重要とされる。ここに大きなアート史の分岐がある。
「泣く女」は絵画なのでここでは絵画史について触れたい。今や現代アート界には絵画を理解もしくはその真髄を感じとれるアーティストは少なくなっているだろう。なぜなら、絵画を描く行為と言語能力は相反する能力だからだ。これは絵画を描いているわたしには日常の経験であり、またサイ・トゥオンブリーがハンス・ウルリッヒ・オブリストに言ったように詩作と絵画の繋がりは非常に深い。この絵を描く経験の中で私はいわゆる芸術的直感と呼ばれるワールドに入るのだが、その状況は妊娠したあるいは子供生んだばかりの幸せオーラでみたされている女性のワールド感と非常に酷似していると感じている。
ピカソが画家だったことをふまえると解決方法は「深い愛情」しかないのでないかと思った。
つまり、いつかは女性は昔々人権がなかった頃を思い出しそれを赦す日がくるはずなのだ。
社会通念による人権侵害というのは個人の思想を凌駕してしまう恐ろしいものである。
個人ではどうしようもない力がこの世界にはあるのだ。

どうすれば現実的に日本のフェミニズム運動が活発になるのだろうか。
日本ではフェミニズムの話をすると必ず話がこじれてしまうからなかなか話す場所もまだまだ少ない。
そこで私は一つの問いを投げたいと思う。
フェミニズム運動というのは女性の人権の問題であるのだから
男性社会では採用されない意見の通し方がもっとも有効なことなのではなか。
男性社会では戦闘能力が仕事ができることとほぼイコールとされている。
草間彌生の言葉でとても印象的な言葉があり「私の人生は戦いだった」である。
わたしはずっとアートは愛だと思っていたからすごくこの言葉にびっくりしていた。
戦いと愛は真逆の感情に近い。いや真逆の感情だ。
だから、私は男性社会に物申す。

「私は争いじゃなくて愛が欲しい」

これが女性のもっとも女性らしい意見なのではないか?
子供を生む女性の体から戦いたい気持ちが溢れ出るとはあまり思えないのだ。
闘争本能といえば、男性の特権のようなものだと私は思っている。
そしてそれは、日本では女性を守るためという気持ちのひともたくさんいる。
そして、これがこれからのフェミニズム運動を推し進めるのに必要なのではないかと
わたしは問いたい。「戦いたくない」というのは今までは「泣き寝入り」に
近い言葉だったかもしれないが、わたしが提案するのは「愛による解決」だ。
わたしは男も女も多様な性であってもみんな好きだ。みんなと仲良くしていたい。
みんなでいっしょに未来を明るく生きていきたい。
これがフェミニズム運動を一番はやく浸透させる方法であるはずだと思っている。

一部引用:美術手帖 2021年6月 ピカソによる女性の扱いに抗議。スペインの美術教授らがピカソ美術館でサイレントデモ


English text:

To solve the problem without fighting. That's what we aim for first.
First of all.
I am not a man-hater.
I like men, women, and people of diverse genders.
On that note, let me take a moment to talk a little about my art.
Picasso and his alleged mistress, Dora Maar, met in January 1936, between the First and Second World Wars.
Before meeting Picasso, Dora Maar was a highly intelligent and talented photographer who had worked as an assistant to the Surrealist Man Ray.
This famous painting, "The Weeping Woman," was painted after the production of Guernica, which depicted the tragedy of war.
I felt compelled to add the imaginary Dora Maar quote ("Why not?") to this painting.
Feminist protests against Picasso were
In 2018, performance artist Emma Sulkowicz demonstrated in front of Picasso's painting "Les Demoiselles d'Avignon" at the Museum of Modern Art in New York, and
Later that year, artist and activist Michelle Hartney placed a caption next to a Picasso painting at the Metropolitan Museum of Art with words purportedly by Picasso.
In 2021, art professor Maria Lopis and her students held a verbal silent demonstration against Picasso in Spain.
In 2022 Miho Kitamoto did guerrilla art by overwriting a poster in front of the Pola Museum of Art with a painting of a reproduction of the "Crying Woman" with the words "#Why not?
My work is in the vein of these artists.
However, the solution may be different from theirs.
I am not doing "social practice" but "socially-engaged art.
This time, I emphasize that I am working with the history of painting. Picasso himself was active in both painting and contemporary art (scandal).
The history of painting, as the term implies, focuses on painting, while in contemporary art, words are considered to be the most important. Herein lies a major divergence in art history.
Since "The Weeping Woman" is a painting, I would like to discuss the history of painting here. Today, there are few artists in the contemporary art world who can understand or feel the essence of painting. This is because the act of painting and the ability to speak language are contradictory. This is an everyday experience for me as a painter, and as Cy Twombly said to Hans Ulrich Obrist, the connection between poetry and painting is very deep. In this experience of painting, I enter the world of what is called "artistic intuition," which I feel is very similar to the world of a woman who is pregnant or has just given birth to a child and is filled with an aura of happiness.
I thought that the only solution is "deep love," considering that Picasso was a painter.
In other words, one day women will remember the time when they once had no human rights and forgive them.
The violation of human rights by social norms is a terrible thing that can overtake individual thought.
There are forces in this world that individuals cannot control.
How can the feminist movement in Japan realistically become more active?
In Japan, there are still few places to talk about feminism, because the conversation always gets complicated.
So I would like to ask a question.
Since the feminist movement is an issue of women's human rights
Therefore, it is not the most effective way to express opinions that are not adopted in a male-dominated society.
In male society, fighting ability is almost equal to being able to do a job.
Yayoi Kusama once said, "My life has been a battle.
I was surprised by her words because I had always thought that art was love.
Fighting and love are almost opposite emotions. No, they are the exact opposite of each other.
That is why I speak out against the male-dominated society.
I want love, not fighting.
Isn't this the most feminine opinion of a woman?
I don't think the desire to fight overflows from the body of a woman who gives birth to a child.
The fighting instinct, in my opinion, is something of a male prerogative.
And there are many people in Japan who feel that this is to protect women.
And I would like to ask if this is necessary to promote the feminist movement in the future.
I would like to ask. I think that "I don't want to fight" may have been close to "crying myself to sleep" until now, but I would like to propose that we should not fight.
I propose a "solution by love.
I love men, women, and all the various sexes. I want to get along with everyone.
I want to live a bright future together with everyone.
I believe this is the fastest way to spread the feminist movement.

Some quotes from: Bijutsu Techo, June 2021 Protest against Picasso's treatment of women. Silent demonstration by Spanish art professors at the Picasso Museum.


Back to Top